ITWEB28の独り言
ITWEB28の日記です
プロフィール

ITWEB28

Author:ITWEB28
FC2ブログへようこそ!



カウンター

あなたは

      番目のお客様です



最近のコメント



最近の記事



月別アーカイブ



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鉄乗り歩き(本線&不二越・上滝線)
お待たせ致しました。
ようやく「地鉄編」に入ります。

地鉄訪問のきっかけとなったのは、期間限定で全線1日フリーきっぷが
販売されており、本線(寺田以東)と不二越・上滝線が未乗だったので
乗り潰しをしようと思ったためです。

電鉄富山10:37発の急行立山行きで乗り潰しをスタートしました。
130105-Chitetsu-01.jpg
向かって右側の電車は、遅れていた不二越・上滝線経由の
岩峅寺行きです。

130105-Chitetsu-02.jpg
この日の天気予報は「晴れ」だったんですが、今ひとつ芳しくありません。
ま、冬の日本海側で晴天を期待するのが間違っているのかもしれませんが
もう一息でスッキリ見えるんですよね…何とも歯痒いところです。

130105-Chitetsu-03.jpg
電車は10分ほどの遅れで岩峅寺に着きました。
映画のロケに使われた事が有る駅舎だそうで、実に堂々とした造りです。
地鉄には木造の駅舎が多く残っているようなので、次回は駅舎巡りでも…と
既に(汗)計画しております。

岩峅寺11:37発の電鉄富山行きで不二越・上滝線を乗り潰します。
130105-Chitetsu-04.jpg
先程、電鉄富山駅で見かけた岩峅寺行きの電車の折り返しでした。

130105-Chitetsu-05.jpg
電鉄富山に無事到着。
次は、向かって右側の特急うなづき5号に乗り、本線を乗り潰します。
ちなみに、この列車にはアテンダントさんが乗務しておりました。

途中の新魚津駅で
130105-Chitetsu-06.jpg
京阪特急色の10030系と交換しました…本当はじっくり撮影したかったんですが(泣)
ま、今回は見られただけヨシ!としておりますが、こちらも次回への課題です(汗)

130105-Chitetsu-07.jpg
宇奈月温泉駅に到着し、地鉄の鉄道線は全線走破しました。
…ただ、立山線に乗ったのは20年近く前の事でして、記憶がかなり曖昧ですので
乗り直しが必要です(爆)軌道線の乗り潰しもまだですし、これまた次回の課題に(汗)

ん?次回じゃなくて、この後、乗りに行かなかったのか?…と?

写真をご覧頂ければお分かり頂けると思いますが、天候が回復しまして
本当は立山線も乗りに行く予定だったのですが、沿線での撮影に切り替えました。

その沿線での撮影の成果は、次回お伝え致します。
スポンサーサイト
雨宮→屋代
屋代線全駅訪問の旅、7回目は「雨宮」と「屋代」を紹介します。
いよいよ大団円を迎えます。

まずは路線図です。
120218-NER-Rosen.jpg

420レ 東屋代(16:28) → 雨宮(16:30) 3500系 O6編成

120218-NER-Amenomiya-01.jpg
雨宮駅に到着しました。
山間のため日が暮れてしまっており、なお一層寒く感じられます。
ちなみに、この日は最高気温0度以下の真冬日だったそうです。

120218-NER-Amenomiya-02.jpg 120218-NER-Amenomiya-03.jpg
ホームは1面1線で、待合室とトイレがあるのみですが…
120218-NER-Amenomiya-04.jpg
交換可能だった頃の名残が残っておりました。

しかし、まぁ~寒いのなんのって。
しかも、こういう時に限って待ち合わせ時間38分!(泣)
駅の撮影もそこそこに、待合室で携帯カイロを握り締めておりました(汗)

120218-NER-Amenomiya-05.jpg
赤帯「O2編成」がやってきました。
いよいよ次は、最後の目的地「屋代」です。

421レ 雨宮(17:08) → 雨宮(17:14) 3500系 O2編成

運賃表示器に「屋代」の文字が出ました。
120218-NER-Yashiro-01.jpg

屋代駅到着を知らせるアナウンスが流れ、屋代駅が見えてまいりました。
120218-NER-Yashiro-02.jpg

そして・・・
屋代駅に到着しました。
120218-NER-Yashiro-04.jpg 120218-NER-Yashiro-03.jpg

須坂を出てから約8時間、プランニング時には「最後まで辿り着けるだろうか?」と
一抹の不安も有りましたが、実際に始めてしまえば、あっという間の楽しい時間でした。

最後に屋代駅の駅舎を撮影し
120218-NER-Yashiro-05.jpg
全駅巡りの旅を締め括りました v(^ ^)
大室→東屋代
今日は東京へ模型関係の買出しに行っておりました(汗)

「その足で小田急ロマンスカー撮影でも…」と思っていたのですが
天候が今ひとつよろしくなかったので、アキバ巡りをして早々に退散しました。

さて。

屋代線全駅訪問の旅、6回目は「大室」と「東屋代」を紹介します。

まずは路線図です。
120218-NER-Rosen.jpg


418レ 金井山(15:30) → 大室(15:34) 3500系 O2編成

大室駅に到着しました。
120218-NER-Oomuro-01.jpg
この駅の近くに「俯瞰撮影」ができるポイントがあるらしく
現地確認がてらの訪問です。

120218-NER-Oomuro-02.jpg 120218-NER-Oomuro-03.jpg
ホームは1面1線で、待合室一体のトイレがあるのみです。

俯瞰撮影のポイントはホームから確認できまして
120219-Oomuro-O6.jpg 19日撮影
翌日撮影しに行きました。

待ち合わせ時間15分と、今回2番目に短い滞在時間で
120218-NER-Oomuro-04.jpg
ようやく「O2編成」ループから抜けられました(汗)
赤帯無しの「O6編成」で、次の目的地「東屋代」へ向かいました。

419レ 大室(15:49) → 東屋代(16:08) 3500系 O6編成

東屋代駅に到着しました。
120218-NER-HigashiYashiro-01.jpg
さすがに16時を過ぎると、冷え込みが強くなり、風も出てきました。
ま、この真冬に、穏やかな陽気の中、駅巡りを出来た事が奇跡だと思っておりますが。

120218-NER-HigashiYashiro-03.jpg
ホームは1面1線のみ。

そして
120218-NER-HigashiYashiro-02.jpg
立派な木造駅舎がありました(汗)

120218-NER-HigashiYashiro-04.jpg
その証拠に「出札口」と「改札口」が残っております。

今まで「3大木造駅舎」と称し「綿内・信濃川田・松代」を追っ掛けて
おりましたが、この東屋代も加え「4大」にしなければならないようです。
改めて「現地に足を運ぶ事は大切だ」と、再認識させられました。

非常に楽しめた滞在時間の20分はあっという間に過ぎ
120218-NER-HigashiYashiro-05.jpg
次の目的地「雨宮」へ向かいました。
信濃川田→金井山
忙しい1週間でした(泣)
何とか乗り切りましたので、今日から屋代線全駅巡りのルポを再開します。

屋代線全駅訪問の旅、5回目は「信濃川田」と「金井山」を紹介します。

まずは路線図です。
120218-NER-Rosen.jpg

416レ 岩野(13:41) → 信濃川田(13:57) 3500系 O2編成

屋代線3大木造駅舎、最後の訪問となる信濃川田に到着しました。
120218-NER-ShinanoKawada-01.jpg

乗車してきた列車を後打ち撮影したものです。
120218-NER-ShinanoKawada-02.jpg
ここ信濃川田に限った事ではないのですが、沿線風景が素晴らしかったです。
全駅巡りをしながら撮影した中で、1番お気に入りの写真です。

ホームは2面2線で交換可能駅です。
その他に側線が1本有ります。
120218-NER-ShinanoKawada-03.jpg

そして…、木造駅舎とのご対面です。
120218-NER-ShinanoKawada-04.jpg
一足先に、3大木造駅舎巡りはコンプリートしました。

ちなみにですが。
廃線後、ここ信濃川田に車輌を保存・展示する計画があるようです。
そうなると、この木造駅舎も保存されるのかもしれません。
今後の動向に注目したいと思います。

39分の滞在時間はあっという間に過ぎ、すっかりお馴染みの
「O2編成」で、次の目的地「金井山」へ向かいました。
120218-NER-ShinanoKawada-05.jpg

418レ 信濃川田(14:36) → 金井山(14:42) 3500系 O2編成

ホームは1面1線のみ。駅舎は無く、待合室とトイレが有るのみです。
120218-NER-Kanaiyama-01.jpg

120218-NER-Kanaiyama-03.jpg 120218-NER-Kanaiyama-02.jpg
ホーム全体と待合室の様子です。

ホーム全体の写真をスッキリと撮りたかったのですが
ご覧の通り、線路を挟んだ反対側にはフェンスが建っており撮影は断念!(泣)
「線路に下りれば…」とも思いましたが、自粛しました。

実は、近々屋代線へ再訪するつもりでおりますので
「金井山駅 撮影再チャレンジ!」をしたいと思います。

何だかんだで9駅目が終わり、残り4駅となりました。
この駅辺りで日が傾き始め、肌寒くなって来た様に記憶しておりますが 、もうひと頑張りです。

120218-NER-Kanaiyama-04.jpg
次の目的地「大室」へ向かいました。
松代→岩野
今日は烏山線へキハ40を撮りに行ったのですが、思う様な成果が出せず…(泣)
スランプ脱出までには、まだまだ時間が必要な様です。

さて、気を取り直して。

屋代線全駅訪問の旅、4回目は「松代」と「岩野」を紹介します。

まずは路線図です。
120218-NER-Rosen.jpg

414レ 象山口(12:11) → 松代(12:13) 3500系 O2編成

以前、松代駅は訪問済みでして、今回は3度目になると思います。

120218-NER-Matsushiro-01.jpg
ホームは2面3線で交換可能駅です。
その他に側線が1本有ります。

120218-NER-Matsushiro-02.jpg
いつ見ても、素晴らしい木造駅舎です。

須坂方面ホームの様子です。
120218-NER-Matsushiro-03.jpg
廃線後、この駅舎はどうなってしまうのでしょうか?
取り壊すのは余りにも惜しい建物です。

120218-NER-Matsushiro-04.jpg
屋代線中間駅で唯一の有人駅です。
自動券売機は無く、切符は全て出札口での購入です。
また、手前に積んである新聞は料金箱制の「信頼方式販売」でした。
「昭和の情景がそのまま残っている」そんな印象を受けました。

いつまでも滞在していたかったのですが、今回は全駅巡りが目的で先へ進まねばなりません。
120218-NER-Matsushiro-05.jpg
すっかりお馴染みの「O2編成」で、次の目的地「岩野」へ向かいました。

415レ 松代(13:09) → 岩野(13:14) 3500系 O2編成

120218-NER-Iwano-01.jpg
ホームは1面1線のみ。駅舎は無く、トイレ一体の待合室が有るのみです。

120218-NER-Iwano-02.jpg 120218-NER-Iwano-03.jpg
ホーム全体と待合室の様子です。
駅の周りには数件の民家があるだけで、松代の後だけに寂しさも一入です。
滞在時間の27分がやけに長く感じれられました。

120218-NER-Iwano-04.jpg
ふぅ~~、やれやれです。
次の目的地「信濃川田」へ向かいました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。